教育
Education

學位授與の方針

學士課程教育

千葉大學 學位授與の方針

千葉大學は、「つねに、より高きものをめざして」の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自立した社會人?職業人として、自己の設定した目標を実現するために自ら新しい知識、能力を獲得でき、自己の良心に則り社會の規範やルールを尊重して高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、自己の専門的能力を地球社會と地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 國內外の多様な文化?価値観、社會、自然、環境について深く理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題について主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 専門領域に関して體系的に修得した知識?技術?技能をもとに、直面する狀況における問題解決に向けた実証的?論理的思考を展開し、イノベーション創出につなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の事項も含めて、他者と考えや情報を共有する能力を有し、それに基づいて協調?協働して行動し、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

國際教養學部 學位授與の方針

千葉大學國際教養學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自分の課題を明確に理解し、自己の成長に向けて、向上心と向學心、またそれを支える學修技法を修得したうえで、主體的に學び続けることができる。
  • 自己の良心と社會の規範を尊重し、高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • グローバルな視點から世界の諸課題と世界のなかの日本の役割を理解し、地球社會と地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために、社會の中で自分の能力を積極的に役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 社會や人類が直面する地球規模の課題を人文社會科學、自然科學、生命科學の諸領域の知見を踏まえて俯瞰的に理解したうえで、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、 多様な文化?価値観を尊重しながら、諸問題に対して自分自身の主體的な認識を持つことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 人間、社會、自然、環境、地域、文化、生命の現狀と課題を幅広く理解し、グローバルな課題と地域的な課題の解決のために必要となる専門的知識?技術?技能を獲得するとともに、それらを課題解決に活用することにより、新たな価値を創造し、社會のイノベーションにつなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 「課題から出発して、それに必要な問題領域を探究する」という本學部のコンセプトに照らして、適切に課題を設定することができ、自らの力でその課題を探求し、解決方策を考案したうえで、その成果を適切に発信することができる。
  • 外國語を含むコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、チームワークやリーダーシップを発揮して、さまざまな社會的課題に主體的に取り組むことができる。

文學部 學位授與の方針

千葉大學文學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自立した社會人として、自己の目標を設定し、向上心と向學心、またそれを支える學修技法を獲得でき、自己の良心と社會の規範を尊重し、高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 人文科學の専門諸領域の社會的、文化的、歴史的位置づけを理解し、自己の専門的能力を地球社會および地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 多様な文化?価値観を深く理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、社會や人類が直面する地球規模の課題について主體的な認識と判斷力をもって対応できる教養を身につける。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 人文科學の専門領域に関する知識を幅広く習得し、それらを問題設定?手法選択?問題解決のために活用でき、批判的な姿勢で実証的?論理的な思考を実踐するとともに、イノベーション創出に結びつけることができる。

「高い問題解決能力」

  • 他者と協力して考えや情報を共有するとともに、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

法政経學部 學位授與の方針

千葉大學法政経學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 社會科學の基礎を學ぶことを通じて、人権?自由?平等などの社會的価値を學び、自立した社會人として、自らの目標を設定し新しい知識?能力を獲得でき、また、自己の良心に則り社會の規範やルールを尊重して高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 世界の様々な人権問題に関心を持ち、社會正義を実現するための義務と権利を適正に行使しつつ、自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、自己の専門的能力を地球社會と地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために積極的に役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 思想史上の古典をはじめとする人類の知的遺産から學び、幅広く深い教養、鋭敏な社會認識、総合的判斷力を修得し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題について主體的な認識と的確な判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 社會科學の専門領域を幅広く基礎から學び習得した知識?技術?技能をもとに、直面するさまざまな狀況における問題解決に向けた実証的?論理的思考を展開?実踐し、イノベーション創出につなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 自らの専門領域の事項も含めて、他領域での學問的試みと成果にも感応度を高め、他者と考えや情報を共有する能力を有し、それに基づいて協調?協働して行動し、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

教育學部 學位授與の方針

千葉大學教育學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 教育學を學ぶ者として、自己の設定した目標を実現するために自立して新しい知識?能力を獲得でき、また自己の良心に則り、社會の規範やルールを尊重して高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、教育に係わる者としての社會的責任を自覚して、教育および地球社會と地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために積極的に関與できる。
  • 自己の國際的経験を生かし、広い視野から教育及び社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 普遍的な教養を身につけるため、社會、自然、環境、および國內外の多様な文化?価値観を深く理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題について主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 専門領域に関して體系的に修得した知識?技術?技能をもとに、直面する狀況における問題解決に向けた実証的、論理的思考を展開し、學問分野の様々な革新実踐につなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域を中心に、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力を有し、適切に行え、またチームワークやリーダーシップを発揮して、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

理學部 學位授與の方針

千葉大學理學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自立した社會人?職業人として、自己の設定した目標を実現するために自ら新しい知識、能力を獲得でき、自己の良心に則り社會の規範やルールを尊重して高い倫理性をもって行動できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、自己の専門的能力を持続可能でインクルーシブな社會の実現のために役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 國內外の多様な文化?価値観、社會、自然、環境について深く理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題について多面的?主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 専門領域に関する基礎的な知識?技術?技能を體系的に修得し、それを直面する狀況における問題解決に向けた実証的?論理的思考を展開し、イノベーション創出につなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 専門領域の事項も含めて、他者と考えや情報を共有する能力を有し、それに基づいて協調?協働して行動し、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

工學部 學位授與の方針

千葉大學工學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 工學技術者として自己の目標を設定し、その実現において新しい知識や能力の継続的な獲得に努め、高い倫理観をもって常に自己の評価検証を意識する姿勢を身につけている。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 工學の社會的、文化的位置づけを理解し、技術の開発において、地球規模的な視點や地域の視點から持続可能でインクルーシブな社會の実現のために積極的に関與できる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 多様な文化?価値観の存在や人類や社會が直面する課題と工學との関わりについて、異分野融合的な知を備え、主體的な認識と判斷力をもって取り組み、それらを技術の開発?発展に活かす姿勢を身につけている。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 工學に関連して解決すべき問題を発見し、その解決に必要な情報や知識をもとに多面的な視點から論理的に分析し、解決することができる。

「高い問題解決能力」

  • 外國人を含む他者と協調?協働し、さらに知的財産権や倫理に配慮しつつ獲得した知識?技能?態度等を総合的に活用し、問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

園蕓學部 學位授與の方針

千葉大學園蕓學部は、「つねに、より高きものをめざして」の千葉大學の理念と「理論と実踐」を旨とする園蕓學部の伝統を踏まえながら、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自立した食と緑の専門職業人として、自己の設定した目標を実現するために自ら新しい知識、能力を獲得でき、自己の良心に則り社會の規範やルールを尊重して高い倫理性をもって行動、生涯にわたって學修を継続できる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、自己の専門的能力を地球社會と地域社會の持続可能でインクルーシブな発展のために役立てることができる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 國內外の多様な文化?価値観、社會、自然、環境について深く理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、異なる文化や価値観に敬意を払いながら、人類や社會が直面する課題について主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 自然科學や人間科學に関する基礎學力を持ち、食と緑に関する専門分野についての學識を備え、生命科學?環境科學?社會科學などの方法論を応用しながら、直面する狀況における問題解決に向けた実証的?論理的思考を展開し、イノベーション創出につなげることができる。

「高い問題解決能力」

  • 関連する社會の多様な課題に対し、學んだ知識?技能?態度等を総合的に活用し、他者と協働、協調しながら、主體的學修を通じて問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。

醫學部 學位授與の方針

千葉大學醫學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 患者とその関係者、醫療チームのメンバーを尊重し、責任をもって醫療を実踐するための態度、倫理観を有して行動できる。そのために、醫師としての自己を評価し、生涯にわたり向上を図ることができる。(倫理観とプロフェッショナリズム)

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 自己の専門領域の社會的、文化的位置づけを理解し、國際社會および地域社會の保健?醫療?福祉の資源を把握?活用し、持続可能でインクルーシブな発展のために役立てることができる。(疾病予防と健康増進)
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 國內外の多様な文化?価値観、社會、環境の中で生きる他者を理解し、文理橫斷的?異分野融合的な知を備え、お互いの立場を尊重した人間関係を構築して、醫療の場で適切なコミュニケーションを主體的に実踐することができる。(コミュニケーション)

「専門的な知識?技術?技能」

  • 醫療の基盤となっている基礎、臨床、社會醫學等の知識を有し、イノベーション創出につなげることができる。(醫學および関連領域の知識)
  • 問題解決に向けた実証的?論理的思考を展開するとともに、患者に対して思いやりと敬意を示し、患者個人を尊重した適切で効果的な診療を実施できる。(診療の実踐)

「高い問題解決能力」

  • 基礎、臨床、社會醫學領域での研究の意義を理解し、科學的情報を評価し、他者と協調?協働して行動し、新しい情報を生み出すために論理的?批判的な思考ができる。(科學的探究)

薬學部 學位授與の方針

千葉大學薬學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

薬學科 學位授與の方針

「自由?自立の精神」

  • 薬學を學ぶ者として自己の目標を設定し、 常に自己を評価検証できる。そして、 生命?醫療倫理に則って行動し、 専門的能力を役立てることができる。さらに、 生涯學習により常に自己研鑽を図ることができる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 薬學の社會的、文化的位置づけを理解する。そして、基本的人権を擁護し、社會正義を実現するための義務と権利を適正に行使しつつ、世界全體を視野に入れながら持続可能でインクルーシブな地域社會の発展に寄與できる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 多様な文化?価値観に関心を持ち、 理解を深める。また、世界的視點から、自然、環境、社會について深く理解し、異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題についての主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。
  • 醫療の概況を薬學の視點から総合的に理解し、問題點や社會的要請を的確に判斷できる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 先導的?指導的薬剤師を目指して、薬學及び関連する分野の実踐的能力を體系的に修得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
  • 薬剤師免許をもった創薬科學や生命科學の教育研究者を目指して、専門領域に関する実踐的能力を體系的に修得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
  • 薬學に関する問題や自然や社會的現象、科學的事象に対しては、情報や知識をもとに実証的かつ多面的な視點から論理的にその本質を分析し、その過程で得られた結果を社會還元できる。

「高い問題解決能力」

  • 情報処理技術を活用して問題解決に関わる情報を収集し、これを取捨選択、整理、分析することから問題の本質を解明できる。
  • 自らの知識?技術?技能を基盤に置き、これに社會要求や知的財産権などの様々な要素を総合的に判斷して問題の解決策を提示できる。
  • 他者との意思疎通能力や自己表現能力を有し、他者との協調?協働や主體的學修を通して問題の解決に取り組み、解決の方向性を提案できる。

薬科學科 學位授與の方針

「自由?自立の精神」

  • 薬學を學ぶ者として自己の目標を設定し、 常に自己を評価検証できる。そして、 生命?醫療倫理に則って行動し、 専門的能力を役立てることができる。さらに、 生涯學習により常に自己研鑽を図ることができる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 薬學の社會的、 文化的位置づけを理解する。そして、 基本的人権を擁護し、社會正義を実現するための義務と権利を適正に行使しつつ、世界全體を視野に入れながら持続可能でインクルーシブな地域社會の発展に寄與できる。
  • 自己の國際経験を生かし、広い視野から社會に貢獻することができる。

「普遍的な教養」

  • 多様な文化?価値観に関心を持ち、 理解を深める。また、世界的視點から、自然、環境、社會について深く理解し、異分野融合的な知を備え、人類や社會が直面する課題についての主體的な認識と判斷力をもって取り組むことができる。
  • 醫療の概況を薬學の視點から総合的に理解し、問題點や社會的要請を的確に判斷できる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 創薬科學や生命科學の教育研究者を目指して、専門領域に関する実踐的能力を體系的に修得し、問題の発見とその解決策を提示できる。
  • 薬學に関する問題や自然や社會的現象、科學的事象に対しては、情報や知識をもとに実証的かつ多面的な視點から論理的にその本質を分析し、その過程で得られた結果を社會還元できる。

「高い問題解決能力」

  • 情報処理技術を活用して問題解決に関わる情報を収集し、これを取捨選択、整理、分析することから問題の本質を解明できる。
  • 自らの知識?技術?技能を基盤に置き、これに社會要求や知的財産権などの様々な要素を総合的に判斷して問題の解決策を提示できる。
  • 他者との意思疎通能力や自己表現能力を有し、他者との協調?協働や主體的學修を通して問題の解決に取り組み、解決の方向性を提案できる。

看護學部 學位授與の方針

千葉大學看護學部は、「つねに、より高きものをめざして」の本學の理念のもと、以下を修得した學生に対して、學位を授與する。

「自由?自立の精神」

  • 自己の課題を明確化し、自己の成長に向けて、主體的に學ぶことができる。また倫理の基本をふまえて意思決定を行い、高い倫理性をもって行動することができる。

「地球規模的な視點からの社會とのかかわりあい」

  • 基本的な人権を擁護し、社會の多様性?グローバル化を考慮し、自己の國際経験を生かして看護活動に関與することができる。

「普遍的な教養」

  • グローバル化?情報化した現代社會ならびに自己の専門領域を幅広い視野から理解できる。また、文理橫斷的?異分野融合的な知見や思考法を獲得し、それらを自ら活用して現狀および課題を認識し、その解決に向けて的確な判斷力をもって取り組むことができる。

「専門的な知識?技術?技能」

  • 看護學及びその関連知識を體系的に修得し、様々な健康狀態にある人の問題解決のための実踐力を身につける。また看護學領域における課題を明確化し、科學的な方法を用いて、問題解決と新たな看護実踐の創出に資することができる。

「高い問題解決能力」

  • 看護に関わる問題を解決するために、必要な情報を自ら系統的に収集?分析し、それらを総合的に活用できる。また語學力およびコミュニケーション技術を主體的に修得し、これを駆使して、他者と連攜?協働しながら問題解決に取り組み、解決の方向性を提案することができる。
男女裸交无遮挡啪啪激烈试看,免费人成在线观看视频播放